hacca

フィギュア作りや着物のことなど覚書メモ

アンティーク振袖、仕立て直しの途中

01_20141025214156bb1.jpg

和裁士さんからご連絡をいただいて、お写真を見せていただきました。
洗い張りが終わり、袖の肩のヤケの染め直しも出来上がったとのこと。
ほとんどヤケがわからなくなったと聞いて、職人さんすごいなあと心底。

長い袖は柄がなくならないように肩をまわしてもらって、
60センチくらいの袖丈に仕上げてもらう予定です。

5つ紋の振袖だったので、
袖をまわすと後ろ肩にあった紋がずれるので、
それを消すために、染めの模様と繋げて新たに刺繍をお願いしました。
また後ろ肩の紋がなくなると、胸のところの紋も入っているが変なので、
こちらも肩からの模様に混ざるように刺繍で消していただく予定。

11月末に仕立て上がりの予定とのこと。
来年の新年会に着てけるかもと楽しみです。

 着物のこと

0 Comments

Leave a comment