hacca

フィギュア作りや着物のことなど覚書メモ

仕立て直ししてもらった着物

仕立て直しをお願いしていた着物が届きました。


03_2016102818004503b.jpg

仕立て直し前。
袖が長いアンティークの振袖です。

洗い張りをしてもらい、袖を短く、
裏が紅絹なので白の胴裏へ取り替えてもらいました。


Cv1LwclUIAAnMQ4.jpg

袖を切ろうかどうしようかと散々迷ったのですが、
どうしても切る決心がつかず。
和裁師さんにご相談したら、
切らずに中に折りたたむ方法もありますよと。

普通に袖を折りたたむと、
裏地のついた長い袖の分、袖がとんでもなく重くなってしまうので、
(袖の表の生地+裏地、折りたたんだ分の袖の表地+裏地、
それの前後分で、8枚の布が袖の中に)
袖の裏地をつけずに折りたたむ方法を教えてもらいました。


Cv1LwckVYAAEqNB.jpg

こんな感じに。

袖の裏地=折りたたんだ袖になっているので、
布の量は普通の袖と変わらず、とても軽くて有難い…!

私はもう振袖の状態では着ないのですが、
もし他の方にお譲りすることがあったら、
袖を解くと元の長い袖に戻すことも出来ます。

「切っちゃったなあ…」という後悔がなく、
本当に有難いです。

 着物のこと

2 Comments

なひょこ  

これまた素敵な…!

素敵な着物ですね〜!(*^o^*)
袖を切らないで、しかも裏で柄が楽しめる直し方があるんですね!すごい!
柄の中に散りばめられた鮮やかな青が効いていて美しい♪♪♪

2016/10/30 (Sun) 18:34 | REPLY |   

さと  

Re: これまた素敵な…!

>なひょこさん

有難うございますー!
ずっと欲しい欲しいと指をくわえてた着物だったので、
着られるようにお直しお願いしちゃいましたw

長い袖は切る以外の選択肢ないのかと思っていたので、
袖を裏に折りたたむというのは本当にビックリでした。

2016/10/31 (Mon) 16:37 | REPLY |   

Leave a comment