hacca

フィギュア作りや着物のことなど覚書メモ

江雪左文字キット 組み立て方

江雪左文字のキットの組み立て方です。
体部分、髪の毛部分がちょっとややこしいので
組み立てやすい順番を記載します。


まずは体部分から。

01_20180710024707afb.jpg

21番の着物の裾のパーツに、14番の右足と16番の草履をはめ込みます。


02_20180710024701788.jpg

同じように19番の着物の裾パーツに、13番の左足と15番の草履をはめ込みます。


03_20180710024702b59.jpg

組み立てた左右のパーツの間に、20番の着物の裾パーツを挟んで組み立てます。
これで着物の裾部分と両足が形になります。


04_20180710024704338.jpg

次に、上で組み立てたパーツの塊を、18番の布パーツにはめ込みます。


05_20180710024705111.jpg

逆側の17番の布パーツをはめます。
これで下半身が形になります。


06_2018071002510371b.jpg

組み立てた下半身のパーツに、9番の帯のパーツをはめます。


07_2018071002510534a.jpg

その上に、8番の体のパーツをはめます。


08_20180710025106d9c.jpg

袈裟の大きなパーツをはめる前に、10番の袈裟のベルトのパーツを肩にはめ込みます。


09_201807100251010bf.jpg

体パーツに、33番の袈裟のパーツをはめた後、
33番パーツに32番の袈裟のパーツをはめます。

32番のパーツは体部分には接地せず、この状態の時は宙に浮いているような形になっています。


10_20180710025102bce.jpg

袈裟を完成させる前に、22番の飾りのパーツをはめます。


12_20180710025423647.jpg

12番の袖パーツをはめます。


13_20180710025424211.jpg

12番の袖パーツに、11番の左手パーツをはめます。


14_20180710025418364.jpg

最後に31番の袈裟パーツをはめ込みます。
32番のパーツと左袖のパーツのダボにはめる形になり、
これで宙に浮いているような状態の32番の袈裟パーツも固定されます。


15_20180710025420b2b.jpg

この後、左袖や左手のパーツ、肩の防具、袈裟の後ろ側のフサなど
細かいパーツを取り付けて下さい。


後ろ髪は、↓↓の画像のような分割になっています。


18_20180710025758a4d.jpg

17_20180710025421b01.jpg

28番の髪のフサのパーツは、27番の髪の毛のパーツの谷間に差し込むようにはめてください。

複製の関係で、凹のダボが浅くなっている箇所があります。
その際は、凸のダボを削り、凹凸を合わせてから組み立てて下さい。

 江雪左文字の組み立て順

0 Comments

Leave a comment