軽装燭台切の組み立て方

2019/12/15/18:34  ガレージキット説明書 画像あり

ガレージキット「軽装 燭台切光忠」の組み立て方の説明です。
ざっくりした説明なので、わかりにくところがありましたらお問合せ下さい。

複製の関係上、ダボは浅めになっていますので軸打ちをして下さい。
ダボにある小さな点は、軸打ちのガイドです。
点のところをドリルで穴をあけていただくと、ダボ同士が合うようになっていると思います。


022_20191215182319bb4.jpg

全パーツです。
全部で20パーツ。
13番の帯飾りのパーツは小さくなくしそうだったので
予備として同じパーツが2つ入っています。


01_2019121518232230b.jpg

まず頭部から。
前髪のパーツ1と2を合体させます。
これで前髪パーツになります。


02_201912151823233a3.jpg

次に4と5のパーツをくっつけます。
合わさると後ろ髪のパーツになります。


03_20191215182325ef9.jpg

出来た後ろ髪のパーツに3の顔パーツを付けます。


04_2019121518232658b.jpg

上記で合体させた前髪パーツをはめます。


06_201912151823218e5.jpg

これで頭部が形になります。


07_201912151823290b6.jpg

次に上半身を組み立てます。
8の左袖のパーツに11の左手パーツをはめます。


08_20191215182331aeb.jpg

同じように6の右袖のパーツに9の右手のパーツをはめます。


09_20191215182328273.jpg

7の胴体のパーツに、
上記で形になったそれぞれの袖のパーツを合体させます。


11_201912151824154ba.jpg

次に下半身の組み立てです。
19、20の右足、左足パーツそれぞれに
14と15の下駄の底のパーツをはめます。
ダボの数が左右で違うので同じダボの数同士をはめて下さい。


12_20191215182416a0b.jpg

上記の右足、左足それぞれを
18番の後ろの着物のパーツにはめて下さい。


13_20191215182418b80.jpg

その際、着物の裾と右足はくっ付く状態になります。
右足のかかと、下駄のかかと部分は地面から浮いた状態です。
右足を全部地面に接地させてしまうと、
フィギュア全体が後ろに傾きますのでご注意下さい。


14_20191215182420d4a.jpg

次に17番の着物の内側のパーツをくっつけます。
腰部分の大きなダボと脇に小さなダボをはめて下さい。


15_20191215182421930.jpg

その上に16番の着物のパーツをはめて下さい。
こちらも脇に小さなダボがあるので、
腰の大きなダボと小さなダボをそれぞれ合わせてはめて下さい。


16_2019121518242275d.jpg

上に出ている長いダボに
10番の帯パーツ(ドーナツ状になっています)を通します。


17_2019121518242434f.jpg

合体させた頭部パーツ、上半身パーツ、下半身パーツを合体させます。


18_20191215182437c2e.jpg

帯の後ろ側のダボに12番の帯のパーツをはめ、


19_2019121518243936d.jpg

帯の前側の小さなダボに13番の帯飾りのパーツをはめます。


20_201912151824254cc.jpg

これで組み立て完成です。


トラックバックURL

http://hxatoms.blog.fc2.com/tb.php/714-9412a835

◄ prev next ►